FC2ブログ

葬送を考える

近年の葬送の多種多様化については、皆様もよくご存じの事と思います。都市では時間や費用があまりかからない直送や密葬(家族葬)が増加の一途をたどっています。これらの多くは、お寺の墓地に納骨するようですが、お寺の墓石納骨や自然の土中埋骨とは全く違った自然形態を生かした葬送ですと、土地の土中に埋骨する樹木葬と地表や海面に散骨する散骨葬があります。その他には、鳥葬・バルーン葬・ヘリコプター葬・宇宙で行うロケット葬まであります。時代の流れ、選択の自由とは言え少し哀愁をお望えるのは、なぜでしょうか?

岩手県には樹木葬という名称で山林で土に穴を掘り遺骨をそのまま埋葬し樹木を植える葬送を行っている所がありますが費用は50万円程で別途、毎年管理費が必要となるようです。その他、テレビ等で自然葬の名称でPRしている所が2社程あり、自然葬とは言っても墓地や墓石があるのでお寺と同じだと思います。東北付近では、大手葬儀社の1社が海に散骨する海洋葬をしております。散骨する海は福島原発の付近で散骨を行い、料金は25~30万円となっているようです。

陸地並び海での散骨葬を行っているのは、東北自然葬だけです。弊社は、土地や墓石等の取得を勧めてはいませんので費用が大きく軽減されるだけではなく形式にこだわりがないので精神的負担も軽くなります。私達は、遺族希望または生前希望により自然界において散骨葬を執行致しますが、それは「人は自然から生まれたものですから自然に還る」という事が一番良いのではないかと考えからです。

ただ弊社では、他と違い最終埋骨地等といった場所を海や陸で設けることをしていない為、墓地におもむき手を合わせるという事自体なくなってしまいます。ですが大切な事は「故人を忘れることなく忍ぶ事」であって決して場所や建造物やかける金額ではないと考えます。故人と相対し手を合わせる事は自宅でいつでもできます。例えば小さな骨壺を手元に置いて供養してあげれば良いと思います。

生前契約は、自分の死後の葬送のあり方を事前に決めておくものですが残された遺族への思いやりにもしばしば心打たれます。

自然葬とは、散骨葬とは何かをもう一度、考えてみてはいかがしょうか。私達は、自然界の静寂な中で「優しい母なる大地や自然」に還って頂く散骨葬の執行を心を込め丁重に行っていますので、いつでもご相談ください。長い文を読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



プロフィール

sizenou

Author:sizenou
東北自然葬と申します。東北内にて「金銭負担が少ない自然葬」を行っております。ご依頼により東北地域内の出張など、さらなる遠方の方の散骨なども行っております。

http://www.sizensou.jp/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
訪問者数
リンク